【現役飼い主が実践】ハムスターの噛み癖を直す5つのしつけ方法の画像

【現役飼い主が実践】ハムスターの噛み癖を直す5つのしつけ方法

ハムスターに何度も噛まれたりして、困っていませんか?

あんなに小さい体なのに、噛まれるとすごく痛いですよね。

ハムスターにしつけなんてできないと思われがちですが、実はどんなに噛むハムスターでも、懐き度アップと注意力で、高確率で噛み癖を直すことが可能です

そこで今回は、ハムスターの噛み癖に困っている飼い主さん向けに、現役飼い主であるはむどっぐ(筆者)が、手を噛んでしまうハムのしつけ方法・癖の直し方をまとめます。

特にジャンガリアンは噛み癖があることで有名ですが、このページを読み終わる頃にはきっと、噛まれない生活への第一歩を踏み出せているはずです!

[L3_wsbStart][L_wsbAvatar]https://hamudog.com/wp-content/uploads/2019/10/hamuhoppe_left200maru.png[L_wsbName]はむほっぺ[L_wsbText]原因からコツまで解説していきますので、ぜひ実践してみてください![L_wsbEnd]

なぜハムスターは人の指を噛むの?

そもそも、ハムスターはなぜ人の指や手などを噛むのでしょうか?

これには、大きく分けて5つの理由があります。

  1. 食べ物だと思っている
  2. 危険なもの・敵だと思っている
  3. 不機嫌・妊娠中で苛立っている
  4. 臆病・神経質な性格
  5. 体調不良を訴えている

ハムにはハムなりの事情があることがわかりますね。

順番に詳しく見ていきましょう。

食べ物だと思っている

良い匂いがしたとき、食べ物の匂いがしたときに噛むハムスターは多いです。

特にお腹が空いている時に、目の前に食べ物(だと思うもの)があったら、つい噛み付いてしまうのも無理はないですよね。

「食べ物だかどうだかわからないけどなんだかいい匂いがする」と思っていると恐るおそる噛み始め、「食べ物だ!」と思われてしまったら容赦なくがぶりと噛まれてしまいます。

危険なもの・敵だと思っている

まだ飼い主のことを「ごはんをくれる人」として匂いで覚えていないハムスターにとって、人間はただの巨大生物。

ハムスターにとって怖い・危険な存在だと思われても無理はありません。

もしも敵だと思われている場合、不快感や警戒心の現れとして、噛む前後に「ジジッ」と鳴くことも。

不機嫌・妊娠中で苛立っている

飼い主さんによく懐いていても、寝起きだったりお腹が空いていたりすると不機嫌なことがあります。

それに、メスの場合は妊娠中だと感情の起伏が激しくなって噛むことが。

ちなみに、寝起きで寝ぼけて噛むこともあります。

寝起きの顔をしている時のハムスターはとっても可愛いので、飼い主としてはついつい触りたくなるタイミングではありますが、寝ぼけているのでハムスターにも判断がついていません。

そんな時に指を差し出して、油断してガブリといかれても文句は言えませんよ!

[R3_wsbStart][R_wsbText]なんだか人間と同じですね![R_wsbAvatar]https://hamudog.com/wp-content/uploads/2019/10/inumayuge_right200maru.png[R_wsbName]いぬまゆげ[R_wsbEnd]

臆病・神経質な性格

みんな同じと思うことなかれ、ハムスターも1匹いっぴき、性格はさまざまです。

特に臆病な子や神経質な性格の子は、比較的なつきにくいと言えます。

もう懐いているだろうから大丈夫、と思って飼い主さんが手を出したら、びっくりしてガブリと噛まれるケースも。

ただしこのタイプの子は、懐くと逆に、すごく甘えん坊になります。懐くまで根気強く頑張ってみましょう。

体調不良を訴えている

完璧になついてくれてまったく噛まなくなり、いつも手乗りもしてくれて、信頼関係ができていると思っていたのにある日突然噛んできた!

こんな時は、ハムスターが体調不良を訴えている場合があります。

毛並みや食べる量、活動量、うんちやおしっこの様子など、何か変わったことはありませんか?

体の変化はないか、1度すみずみまで確かめてみてください。

そこから思わぬハムの体調不良に気づくこともありますよ。

噛み癖はしつけて直すべきか?

そもそもハムスターの噛み癖を飼い主として直したいと思うのは、多くの場合、飼い主さんの手などを噛んでしまうためです。

ですから極端な話、ハムスターに直接触る機会がなければ噛まれる心配はないので、必ずしも噛み癖を直してもらう必要はありません。

「手袋をして触るから噛まれても痛くない」という方も同じですね。

ただ、噛まれる噛まれないは別として、噛まれなくなるのはハムスターの懐き度のバロメーターにもなるので、噛まれない状態を目指すのがオススメです。

ハムスターの噛み癖を直す方法は?

ハムスターの噛み癖を直す1番の解決策は、ハムスターに「この人、この匂いは飼い主だ」と覚えてもらうことです。

そのために、次の5つのことをしていきましょう。

  • 手から餌をあげる
  • 触れあう時の手のにおいをいつも同じにする
  • 寝起きや妊娠中はそっとしておく
  • 1日に触る時間を15分程度にする
  • ハムスターの活動時間に合わせて触れあう

1つずつチェックします。

手から餌をあげる

ハムスターに「この匂いのする人はごはんをくれる人だ!」と思ってもらえたらこっちのものです!

人間と触れ合う=良いことがある、と思わせましょう。

そうすれば、噛むどころか舐めてくれるようになります。

お気に入りのおやつを見つけてあげるのも効果的。

そのうち、餌やおやつが入っている袋を開ける音を聞いただけで、期待してハウスの中から出てきてくれるようになったりしますよ!

触れあう時の手のにおいをいつも同じにする

ハムスターは、主ににおいで食べ物や人間を覚えます。

だから普段と違う香水をつけていたりすると懐いている飼い主さんだとわからず、警戒して噛んでしまうことも。

ハムスターは人間より優れた臭覚を持っているので、触れ合うときにはできるだけいつも同じ自然な香りか、もしくは無臭でいるようにしましょう。

[L3_wsbStart][L_wsbAvatar]https://hamudog.com/wp-content/uploads/2019/10/hamuhoppe_left200maru.png[L_wsbName]はむほっぺ[L_wsbText]くんくん…知らないにおい!ガブッ![L_wsbEnd] [R3_wsbStart][R_wsbText]痛い!いつもと違うにおいだからわからないの?僕だよー![R_wsbAvatar]https://hamudog.com/wp-content/uploads/2019/10/inumayuge_right200maru.png[R_wsbName]いぬまゆげ[R_wsbEnd]

寝起きや妊娠中はそっとしておく

ハムたちをよく観察している飼い主さんならもちろん知っていることと思いますが、ハムスターにも感情があります

だから、不機嫌な時にちょっかいを出されたりすると、人間と同じようにいい気にはなりません。

もちろん個体差がありますが、観察していると、ご機嫌なのか不機嫌なのか、見極めがつくようになります

不機嫌そうなときはストレスを与えないよう、あまり触らないようにしましょう。

1日に触る時間を15分程度にする

可愛くてずっと触って痛くなってしまいますが、ハムスターと触れ合う時間は、あまり長くしすぎないようにしましょう

これはハムスターのストレス軽減にもつながります。

というのも、懐くまでは人に触られるのがかなりのストレスと感じるハムスターも多いためです。

しかも、人間の 1分間はハムスターでいう6分

例えば15分触っていたとしたら、ハムスターにとっては1時間半触られていたということに…

「この人は自分にとってストレスだ」と思わせてしまうと、手乗りもしてくれなくなります。

触る、撫でる時間の長さに気を付けて接してあげましょう。

ハムスターの活動時間に合わせて触れあう

知っての通り、ハムスターは夜行性です。

だから、人間の都合で昼間に無理やり起こして触るのはNGです。

人間も、夜中に叩き起こされたら嫌ですよね。

ハムスターの睡眠時間を削ることにつながり、健康に害を与えてしまうことにもつながります。

遊びたくても昼は我慢して、夕方や、ハムスターが自ら起きてきたときに触れ合うようにしましょう。

[L3_wsbStart][L_wsbAvatar]https://hamudog.com/wp-content/uploads/2019/10/hamuhoppe_left200maru.png[L_wsbName]はむほっぺ[L_wsbText]ケージ掃除も夕方か夜が良いですよ![L_wsbEnd]

人の指以外のものを噛むことも

ジャンガリアンハムスターがかじり木をかじっている画像

ハムスターは、飼い主さんの指などにかかわらず、色々なものを噛みます。

もちろん材質にもよりますが、ケージの中にあるものでいうと例えばこういったものです。

  • かじり木
  • ハウス
  • 餌皿や砂場、回し車などのフチの部分
  • ケージの空気穴

どうしてこんなに色々なものを噛んでしまうのかというと、運動不足のイライラといった可能性もありますが、多くの場合は「一生歯が伸び続けるから」だと言われています。

子供だった頃、乳歯が抜けて永久歯が生えてくる時、むず痒くてたまらなかったことを覚えていますか?

あの痒さがずっとあるため、色々なものを噛んでむず痒さを抑えているのです。

ですから、物を噛むのは飼い主さんへの懐き度とは無関係です。

木など噛みやすいものを用意してあげましょう。

[L3_wsbStart][L_wsbAvatar]https://hamudog.com/wp-content/uploads/2019/10/hamuhoppe_left200maru.png[L_wsbName]はむほっぺ[L_wsbText]硬いペレットは歯の疼きを抑えてあげるのに有効ですよ![L_wsbEnd] [R3_wsbStart][R_wsbText]あれがずっと続くなんてかわいそう…[R_wsbAvatar]https://hamudog.com/wp-content/uploads/2019/10/inumayuge_right200maru.png[R_wsbName]いぬまゆげ[R_wsbEnd]

まとめ

ここまで見てきた通り、ハムスターは色々な理由で飼い主さんの手やものを噛んでしまいますが、その理由をわかっていれば、対策のしやすいことばかりです。

  • 手から餌をあげる
  • 触れあう時の手のにおいをいつも同じにする
  • 寝起きや妊娠中はそっとしておく
  • 1日に触る時間を15分程度にする
  • ハムスターの活動時間に合わせて触れあう

とはいえ、ハムスターと仲良くなるには時間がかかることが多いので、焦らずにいきましょう。

見直してみたらハムスターにとってストレスになることをしてしまっていた……という方も、今日から実践してみればきっと懐いて噛み癖も直っていくと思いますので、頑張ってみてください。

以上、はむどっぐ(@hamudog5)でした!

 

【現役飼い主が実践】ハムスターの噛み癖を直す5つのしつけ方法の画像
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG